コラム

コラム

コラム No.23

販促グッズで活用できるクリアファイルの特徴

FILE

重要な販促グッズの存在

販売ということについて考えた場合、さまざまな手段を用いて売り上げを増加するようにしていかなければなりません。その手段の一つとして、販売を促進させるためにグッズを作っていくという方法があります。市場に対して手軽に浸透させられる方法で、多くの企業が行っていることです。ただ、何でもいいから投入すればよいという訳ではなく、効果的な使い方を考えていく必要があります。

企業の中で活動をしていて、いくらIT化が進んだとしても、クリアファイルを見たことがないという人はほとんどいないでしょう。学校でもよく利用されているものであり、さまざまな用途で使われてきました。小さな物を入れることもできますし、文書の整理用にも使うことができます。企業でまとめて購入することも珍しくはなく、行政などでも見かけることもあるでしょう。使い勝手の良さに優れているからこそ、販促グッズとして有効に用いることができます。

販促グッズが、自社の宣伝に使うものであるということを考えていくと、実にさまざまなことが見えてきます。クリアファイルという存在自体で考えていくと、まず大きな面積を持っていることが特徴として挙げられます。誰でも表面を見られるという特性があり、書類などを挟んでももっとも外側にくることになるので、それを利用して宣伝できることは大きな価値があります。販促品として、小さなものに小さなロゴしか入れられなかったものに比べて、非常に大きな効果を上げることができます。気づかれないようなこともありません。はっきりとした宣伝にすることができるので、大きな価値があるでしょう。

低コストで使い勝手の広いクリアファイル

買ってみたことがある人は分かりますが、クリアファイルの単価は非常に安いものです。これを活用するというところにメリットがあります。つまり、制作費を大幅に抑えることができるということです。安価なクリアファイルを使って販促グッズを作るということは、費用対効果を高めやすい環境を作るということになるでしょう。

基本的に、販促グッズを作る際には、かなりの金額を投資しなければなりません。これが大きな負担になってしまうこともあるでしょう。大量に生産しなければ意味を持たない販促グッズであることを考えると、制作費用というものはできるだけ下げるというのが鉄則です。その点でも、クリアファイルは優秀であり、印刷費を加味して考えたとしても、安価に製造することができます。

低コストの割には、非常に耐久性の高い製品であるということも重要です。壊れてしまうということはあまり縁起のいいことではありません。さらに、その時点で広告効果が薄まることになります。例えばボールペンなどは、確かに安上がりで日々使うことができるものにはなるものの、インクが消耗品であるという大きな欠点を抱えています。インクが無くなれば処分されてしまう運命にあるということは、長く宣伝効果を維持することができないということです。これでは、販促物として用いるメリットがほとんど無くなってしまいます。そのため、いつでも広告を見せることができるような耐久度があるということも販促物の一つの条件です。安価で耐久度があり、実際に長く使うことができるという条件を考えても、クリアファイルは有効なものと言えるでしょう。

どんなサービスの展開をしているのか

販促品全般に言えることですが、製作するのに一体いくらかかるのかを把握しておかなければなりません。販促物を作るということはお金がかかることであり、費用対効果を考えて投資をしなければならないからです。その時には、印刷料金だけではなく、本体料金も含めて考えていくことが必要となります。オーダーする際には、しっかりと料金を確認していくようにしましょう。料金の面でつまずくと、全体的なプランニングに支障が出てしまいます。

どうしても早く来ればいい、そのうち来るだろうとおろそかになってしまうのが納期です。自分たちで思っていたよりも実は非常に長い時間がかかるということも珍しくありません。逆にすぐ来るといったケースもあります。これがとても大きな影響を与える部分で、どうしても予定は狂いがちです。予定が合わないとうまく活用できなくなることもあるため、必ず予定をはっきりさせておくことが重要です。これはトラブル防止にもつながっていきます。

販促グッズを作る際には、必ず要望があるものでしょう。それを形にできなければ意味がありません。そのため、サービス内容の確認も大切です。一体どんなサービスを展開してくれるのかがしっかり提示されている制作会社を選んでいく必要があります。オリジナリティーをどこまで出すことができるのか、要望に応えてくれるかどうかということも見ておきたいポイントです。ロット数も重要な要素です。必要な数の予測はつくものですし、無駄な数を注文したくないことがほとんどでしょう。その境目をはっきりさせることができるのがロット数の設定です。この辺りについてもよく考えていけば、効果的な販促グッズにすることができます。

トップへ
初めてのお客様へ
オリジナルグッズ一覧へ
クリアファイル一覧へ
お客様窓口へ
お客様の声へ
会社情報へ
採用情報サイトへ
大同紙工印刷株式会社

事業本部 〒463-0068名古屋市守山区瀬古一丁目448番地 TEL:052-792-8841 FAX:052-792-8845
東京出張所(東京都品川区) TEL:03-6277-1642 / 大阪出張所(大阪市淀川区)