コラム

コラム

コラム No.46

シルク印刷なら特別な加工で商品作りができる

WHAT!?

シルク印刷はどのような仕組みか

印刷に利用される技術の一つとして、シルク印刷と言うものがあるのをご存知でしょうか。

このシルク印刷というのは一般的な方法とは違っており、印刷を行う対象を覆うようにしてスクリーンを張り、その穴から印字を行うという仕組みを使用したものとなります。このシルク印刷とは、メッシュ状のスクリーンを使用するという方法を採っており、初期においては絹の布を使用していたことからこのような呼ばれ方をするようになりました。現在では絹を使用しているわけではありませんが、そのままの名称として使用されるようになっています。

この方法はそれほど多く利用されるものではなく、通常の場合には特にあまり使用される方法ではありません。しかし、その特徴の一つとして曲面に対しても使用することができるというものがあり、特殊な対象に対して印字を行いたい場合などに使用されるケースが多くなります。また、対象の素材によらず使用できる場合が多いということもあり、プラスチック類やガラスなどに対しても使用されることが多いのが特徴となっています。

これに加えて、使用するインクの量が多いことが特徴で、下地を完全に覆うことができるような方法であることもポイントの一つとなっています。これにより、インクが盛り上がっているような加工を行うことも可能で、通常では再現できないようなことをこの技術で可能にしているのがポイントと言えるでしょう。実際にこの加工を行いたい場合については、対応している業者に依頼することになります。それぞれによって利用できるようになっている加工の内容にも違いがあるため、一つ一つを確認して自分が使用したいと思っているタイプのものが使用できるかを確認しましょう。

シルク印刷での加工内容

それでは、シルク印刷で実現できる、特殊な加工の内容についてどのようなものがあるのかを紹介します。

最初に紹介するのは赤と青のカラーによって行える3Dメガネ対応のものについてです。3Dメガネは赤と青のセロハンを貼ったメガネを使用して作られるのが一般的で、これに対応した印刷を行おうとする場合、十分な濃度の赤と青のインクが必要となります。また、透明度も十分確保していなければならないというのが特徴で、一般的な加工では実現することが難しいのも特徴の一つとなっています。シルク印刷であればこれを高い品質で実現することができます。

次に紹介するのは、ミラー加工についてです。この方法の特徴は、透明なプラスチックシートを使用することによって裏刷りを行い、鏡面性を向上させることができるというものです。一般的にはオフセットと組み合わせて使用されることが多く、インパクトがある仕上がりを目指すことができるようになっています。

さらに、ラメ加工というものがあります。これは使用されるインクの中に直接ラメの粉を混ぜることによって行われる加工方法です。光が当たった時にキラキラと反射する加工を行うことができるために、よりインパクトがあるものを作る事が可能になります。会社によってどのようなラメを使用できるのかには違いがありますが、それぞれの要望に合わせて色を変更できるようになっている場合が多いため、どのような仕上がりを目指しているのかによって使い分けることができるでしょう。

この他にも多くの種類の印刷が可能となっています。

シルク印刷でできる加工

他にも活用することができるシルク印刷の、加工の種類が幾つか存在しています。

例えば、厚盛加工を行うことができるのが特徴の一つです。この厚盛加工というのは、インク自体を厚く塗り重ねることができるという加工の方法で、特殊な版を使用することによって可能となります。平面に対して行うことができるものとなっており、通常よりも目立った形に印字を行えるようになっています。特にこの方法がよく見られる加工物としては、ポスターやパッケージ類、その他会社案内などが見られます。

次に紹介するのは、サーモ加工についてです。サーモというのは温度のことを意味していて、この加工を行う際にはインクの中に特殊な液晶カプセルが含められることになります。これを使用すると、規定の温度になった時に時を浮かび上がらせたり、逆に消したりすることができるようになります。ユニークな使用方法を検討することができる特殊な加工として使用されることがあります。

さらに、偏光加工というものがあります。これは、見る角度によって見える色や模様などを変更することができるという加工の方法です。成形加工等を使用することによって立体に対しても行うことができるのが特徴で、インパクトのある商品作りなどに活用することができるようになっています。

この他にも、暗闇で光るような加工を行うことができる蓄光加工などが実現できます。一部だけを光らせたい、というような場合にも使用できるようになっているため自分の好みに合わせて加工を行うことで、オリジナルの商品作りなどを行うことができるでしょう。

シルク印刷一覧
トップへ
初めてのお客様へ
オリジナルグッズ一覧へ
クリアファイル一覧へ
お客様窓口へ
お客様の声へ
会社情報へ
採用情報サイトへ
大同紙工印刷株式会社

事業本部 〒463-0068名古屋市守山区瀬古一丁目448番地 TEL:052-792-8841 FAX:052-792-8845
東京出張所(東京都品川区) TEL:03-6277-1642 / 大阪出張所(大阪市淀川区)