工場案内

大同紙工印刷工場案内

STEP1 営業/企画

お客様への商品提案とオリジナル商品の企画を行います。お話を伺う中で、目的やその対象、予算などのご要望から最適なものを導き出し、企画課と協力しながら商品のサンプルを作製し、提案します。お客様と顔を合わせて話すことを重要視しています。

1.営業

1.営業

お客様への商品の提案はもちろん、工場で生産するための手配なども営業が行います。
お客様と直接お話しするからこそできる心配りを忘れません。

部署紹介【営業】はこちら

2.企画

2.企画

営業から聞いたお客様からのご要望を形にします。お客様に提案する新商品の開発や、お客様から依頼された形状やデザインの提案などを行っています。

部署紹介【企画】はこちら

このページの先頭へ

STEP2 プリプレス

プリプレスとは印刷前工程のこと。企画・デザイン・組版(DTP)・校正・刷版といった工程がこのプリプレスの工程です。この工程を経た後にプレス(印刷)、そして抜きや加工といったポストプレスの作業に進みます。

部署紹介【プリプレス】はこちら

3.データチェック

3.データチェック

お客様からお借りしたデータの確認をします。印刷に適したデータか、印刷をするために確認することがないか等をチェックします。

4.分版面付け

4.分版面付け

お客様のイメージにあわせるため、印刷前にここで色の調整を行います。また、材料を無駄なく使用し、効率よい印刷を行うための面付け作業も行います。

5.色修正

5.色修正

よりよい印刷物をお届けするため、印刷中、オペレータと一緒に色修正を行うこともあります。

6.刷版

6.刷版

印刷用に準備したデータを版に焼く工程です。CTP(computer to plate)というシステムによりデータを直接版に出力します。

このページの先頭へ

STEP3 印刷

最新鋭のUVオフセット印刷機で最高の仕上がり、そしてUVオフセット印刷とUVシルクスクリーン印刷の融合による新しい印刷表現。UV印刷のパイオニア大同紙工印刷が培ってきたノウハウをフル活用して、お客様に満足頂ける製品の印刷を行います。部署紹介【印刷】はこちら

7.印刷(オフセット)

7.印刷(オフセット)

UVオフセット印刷ではプリプレスで刷版された版を使って印刷を行います。

7-2印刷(オフセット)

印刷中も色やゴミ、キズ、その他問題がないか常にオペレーターがチェックし、印刷物を刷り上げていきます。

7-3印刷(オフセット)

印刷中でも、営業や工務の厳しいチェックが入ります。

8.印刷(シルクスクリーン)8

8.印刷(シルクスクリーン)

UVシルク印刷ではシルクスクリーンという版を使い印刷をします。

8-2.印刷(シルクスクリーン)

オフセットよりもインキに厚みがあり、様々な機能性のあるインキがあります。弊社ではUVオフセット印刷とUVシルクスクリーン印刷の融合による新しい表現に常に取り組んでいます

このページの先頭へ

STEP4 加工

刷り上がった印刷物はそれぞれポストプレス最終加工へと進みます。
大同紙工印刷では、機械による抜き・成型・折り貼りのほか、最後は人の手と目による厳しいチェックを行いお客様のもとへとお届けします。部署紹介【後加工】はこちら

9.抜き

9.抜き

抜き加工では、印刷されたシートを木型によって様々な形に打ち抜きします。

10.成型

10.成型

成型加工では、印刷されたシートを熱にかけ、金型に押し付けることにより平面から立体に加工します。

11.加工・検品

11.加工・検品

検品以外にも機械では難しい作業を人の手で行っています。また、最後は人の目により商品を丁寧に検品しています。

このページの先頭へ
トップへ
初めてのお客様へ
オリジナルグッズ一覧へ
クリアファイル一覧へ
お客様窓口へ
お客様の声一覧へ
会社情報へ
大同紙工印刷株式会社

事業本部 〒463-0068名古屋市守山区瀬古一丁目448番地 TEL:052-792-8841 FAX:052-792-8845
東京営業所(東京都港区) TEL:03-6277-1642 / 大阪営業所(大阪市淀川区) / ロサンゼルス支店(CleaRush.Inc)