技術紹介

高精細印刷(FMスクリーン)

FMスクリーンは網点配列がランダムなため、AMスクリーンでおこりやすいモアレ(網点の干渉による模様)の問題を解消する手段として有効なことで知られています。また、FMスクリーンを使用することで中間調はガモット(色再現領域)が広がるので、鮮やかな発色を得ることができ、20ミクロンという微少なドットの集合であるため、AMスクリーンでは読みづらかった平網の文字や平網部分の白抜き文字もシャープで読みやすく印刷できます。
また当社では同じ版の中にAMスクリーンとFMスクリーンを混在して出力することができるマルチスクリーンが可能です。
お客様の印刷物の内容から、どのタイプが適しているかを判断し、ご提案させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

FMスクリーン

階調をドットの密度で表現。
ドットの間隔が一定ではなく、スクリーン線数はない。
ドットの並びに周期性がなく、網角度は存在しない。

FMグラデ

AMスクリーン

階調を網点の大きさで表現。
中心位置の間隔が一定で、スクリーン線数・網角度が存在する。

AMグラデ

FMスクリーン・AMスクリーン網点拡大

  • FM網点拡大
  • FMスクリーン
  • AM網点拡大
  • AMスクリーン

マルチスクリーニング

ひとつの版上で、複数のスクリーン、線数を混在させることができます。

マルチスクリーニング

このページの先頭へ
トップへ
初めてのお客様へ
オリジナルグッズ一覧へ
クリアファイル一覧へ
お客様窓口へ
お客様の声一覧へ
会社情報へ
大同紙工印刷株式会社

事業本部 〒463-0068名古屋市守山区瀬古一丁目448番地 TEL:052-792-8841 FAX:052-792-8845
東京営業所(東京都港区) TEL:03-6277-1642 / 大阪営業所(大阪市淀川区) / ロサンゼルス支店(CleaRush.Inc)