コラム

コラム

コラム No.65

クリスマス用ノベルティの選び方と業者選び

クリスマスを彩るノベルティ

クリスマス用ノベルティの種類と注意事項

クリスマス用のノベルティグッズを作るにあたって、どういった種類があるか紹介します。例えば、ステッカータイプだとカバンや手帳などに貼ってもらうことで、不特定多数の人が目にすることができます。デザインによっては、クリスマスだけでなく通年で使用できますから、宣伝効果が高まります。おしゃれなデザインなら、受け取る人も喜び使用しやすくなります。オフィスで使用できるものや、家族へのプレゼント向けなど用途は幅広いです。お子様向けの場合は、親子で一緒に製作できるものも喜ばれやすいです。配布するにあたっての用途としては、企業のイベントや地域行事でのプレゼントの一つとして使用することもできます。ビジネスの商談でもコミュニケーションを円滑にして、スムーズに進める効果をもたらします。 一方、キャラクターやデザインを決める際にも注意すべきポイントがあります。それぞれのキャラクターには肖像権と商標権が発生しています。違反したものだと回収対象となります。あらかじめ依頼する企業及び、取り扱っているホームページにて確認しておくことが必要です。特に、著名人がイラストした作品の場合は注意が必要です。社会的にも好ましくないデザインの場合でも、企業イメージを損ねることにつながりかねません。 特に企業で使用する場合では、景品表示法を抑えておく必要があります。この法律は、高額なノベルティを用いた客寄せを防ぐためのものです。企業の商品を購入した人や、来店者に対して配布する場合には、1,000円以上だと20%のものまでを配布できます。1,000円以下の場合は、200円までのものです。一般懸賞の場合だと、5,000円未満の場合は、商品価格の20倍、5,000円以上の場合は10万円までです。それぞれ抑えた上で、クリスマスのノベルティ製作へとつなげてください。

クリスマス用のノベルティ製作における業者選びのポイント

ノベルティを製作するにあたり、大量生産をする場合などは業者に依頼することになります。その際の業者選びのポイントを紹介します。 ホームページから注文する場合では過去の製作実績や取り扱うアイテムを確認すると良いです。できるだけ安い価格でなおかつ早く商品が届くことが理想です。一方、納期にずれが生じたり品質が劣るものではいけません。あらかじめ見積金額や最短での納品スピードを確認することがおすすめです。直接スタッフとやり取りができる場合では、詳細に説明をしてもらえる業者だと心強いです。 特に、急ぎの場合などに対応できるところだと相応の耐力がある業者ととらえて良いでしょう。その際の見極めですが、メールでやり取りする場合だとレスポンスの速さにて確認できます。クリスマスのノベルティ製作にあたり、企業や商品の名前を入れることもあります。名入れをする場合だと、相応の印刷機械が必要です。自社工場にてその機械があれば名入れに対応できます。ホームページや業者の資料からもその有無を確認できます。 クリスマス用ノベルティグッズの在庫の有無を確認することもポイントの一つです。既製品であれば納期が早い上、一からデザインする場合と比べても時間と手間を短縮できます。製作実績が多い企業であれば、使いやすいデザインも揃っていますから選択肢の一つとして有効です。

※クリスマスグッズ特集はこちら

大同至高のクリスマスグッズ特集

トップへ
初めてのお客様へ
オリジナルグッズ一覧へ
クリアファイル一覧へ
お客様窓口へ
お客様の声へ
会社情報へ
採用情報サイトへ
オリジナル販促グッズ、クリアファイルの大同至高印刷株式会社

本社 〒463-0068名古屋市守山区瀬古一丁目448番地 TEL:052-792-8841 FAX:052-792-8845
東京(東京都品川区) TEL:03-6277-1642 / 大阪(大阪市淀川区)