コラム

コラム

コラム No.67

展示会でライバルに打ち勝つノベルティ

展示会グッズ

競争に打ち勝つノベルティ

商品を作ったときに、販売方法はいろいろと考えられますが、その一つとして、商品の認知度を上げていく展示会があります。企画でも使われることがあり、見て触ってもらうことで、認知度を上げられるとともに、ブランドも浸透させていくことができます。これまで展示会といえば取引先などとの間で限定して催されることがほとんどでしたが、広く認知度を上げるために一般開放もされるようになりました。こちらはこれまで以上に先行して商品イメージを広げられる方法です。こうした方法をとる以上、認知度をさらに拡大するためにノベルティは欠かせないものになってきています。

ノベルティをつける際には、明確な目的を設定する必要があります。なぜならノベルティの種類は多岐にわたり、使用用途も幅広くなっているので目的がぶれるとうまく活用をすることができなくなるからです。新商品の周知を目指すのか、自社の宣伝なのかによって違いを考えてみるといいでしょう。この二つでは、明らかにアプローチの仕方が異なります。 集客率を高めるといったことでも、認知される内容を考えていくことが求められます。比較や検討をされる場になるのですから、いかに売り込むべきか、どう差別化を進めるのかもノベルティを考える際には大切です。

非常に競争が激しい世の中だからこそ、展示会を実施している企業も多いです。そのため、ロゴを意識したものやイメージを植え付けるためのものになっているかを前提として、季節的に使えるものとなっているかといったことも意識していく必要があります。このような点が目的と合致していけば、有効性はどんどん高まります。あと一押しインパクトをもたせたいという場合もノベルティは有効に働くため、確実なものを作るようにしましょう。

展示会で販売促進をしていくために

ノベルティは、展示会の内容に即したものを用意することが重要です。販売促進についても考えながら作っていく必要がありますが、展示会とかけ離れたものになれば、印象は薄くなり、効果も低くなります。相乗効果を狙えないのであれば、そもそも存在価値がなくなってしまうでしょう。また、配布する対象についてもよく考えておくことが求められます。商品やサービスには、必ずターゲットが存在するため、合致したノベルティを作ることが必要になってきます。効果をあげられるよう、妥協せずに決めていくようにしましょう。

次に宣伝効果を考える必要がありますが、差別化に失敗すると費用対効果も半減することになってしまいます。展示会を開く時期には、ライバル会社も同じように展開を考えていることがほとんどです。その時期に投入するのですから、差別化を図れるように万全の体制を取っておく必要があります。インパクトを求める方法もありますが、広告効果を含めれば、長く使えることに重きを置くほうが良い場合も考えられます。長く使用することができれば、それだけ広告になるチャンスが増えていくので、新商品を知ってもらうための宣伝として考える場合には、汎用性の高いものを用いるのも一つの方法です。

例を挙げると、クリアファイルはグッズとして汎用性があり、社名を入れれば知名度が向上します。商品名の認知にも役立つでしょう。使い勝手が広く、消費してなくなってしまうわけではないので、長く使ってもらえれば周りに対する効果も大きくなります。他の人に渡したとしても、そこからまた宣伝効果を広げられるため、有効な方法になるでしょう。長く使えるものを選ぶことによって、宣伝効果は確実にアップしていきます。一瞬しか使わないものもありますが、できればライフサイクルの長いものにすると、大きな効果を生むことが期待できます。

差別化に関わる時期の問題

差別化という点を考えた時、どのようなものを用意するかがポイントになってきます。クリアファイルを例に取れば、一般的なものとはデザインを変えて差別化を測る方法もありますが、ポケット付きなどにする方法も効果的です。業者によっては仕切りつきのものを取り扱っていることもありますし、素材が違うものも多数あり、明確に違いを打ち出すことができます。素材的に印刷しやすく、費用も抑えながら差別化を図れるので、無償で配布する場合には有効な商品になってくるでしょう。

このように差別化を図るにはいろいろな方法がありますが、いったいいつ配布するのかも考える必要があります。展示会の時期と併せて考える必要があるのは、多くの差別化を図るチャンスが出てくるからです。日本には数多くの時期に合わせたイベントがあり、イベントの内容に合わせていくほど強くイメージを結び付けることができるようになります。それだけ商品の印象を植えつけることができ、商品的にも時期に合わせたものにするだけで効果を変化させられます。

印刷会社で用意されているノベルティグッズの中から選ぶときにも、これから先に何がイベントとして起こるのかを想定すると、受け取る側が有効に使えます。ターゲットになるユーザーを意識しながら合わせていけば、さらに効果が上がるでしょう。業者の選別から影響しますが、設定した目的がぶれないようにしながら、個別に存在する要因を組み合わせていくことが重要です。時期的にライバル会社と競う機会が多くなりやすいのが展示会なので、有効に活用していくようにしましょう。

※大同至高の展示会オリジナルグッズはこちら→https://ddsp.jp/product/target/seminar.html

トップへ
初めてのお客様へ
オリジナルグッズ一覧へ
クリアファイル一覧へ
お客様窓口へ
お客様の声へ
会社情報へ
採用情報サイトへ
オリジナル販促グッズ、クリアファイルの大同至高印刷株式会社

本社 〒463-0068名古屋市守山区瀬古一丁目448番地 TEL:052-792-8841 FAX:052-792-8845
東京(東京都品川区) TEL:03-6277-1642 / 大阪(大阪市淀川区)